2006年01月26日

スパイウエア作成の男逮捕

国内初 不正アクセス容疑

 スパイウエアを使った預金詐取事件で、警視庁ハイテク犯罪対策総合センターは26日までに、電子計算機使用詐欺と不正アクセス禁止法違反容疑で指名手配していた東京都江戸川区の元IT関連企業社員、竹川敦(たけかわ・あつし)容疑者(31)を逮捕した。

 竹川容疑者は容疑を認めた上で 「スパイウエアは自分が開発した」 と供述。スパイウエアの作成者が逮捕されたのは国内初という。

 調べでは、竹川容疑者は、無職、平山喜一(ひらやま・きいち)被告(34)=不正アクセス禁止法違反罪などで起訴=と共謀。

昨年6月、ジャパンネット銀行(東京)に口座を持つ川崎市内の貴金属販売会社に、スパイウエアを添付した電子メールを送り付け、入手したIDやパスワードを使い、同社の口座から約21万円を自分たちの銀行口座に送金した疑い。

■スパイウエア インターネット経由でパソコンに侵入し、情報を盗むソフトウエア。無料ソフトをダウンロードしたり、特定のホームページを閲覧したりすると、知らないうちにパソコンに送り込まれることがある。

パソコン内の情報やキーボード操作の内容を集め、ネットを通じてスパイウエアの作成元に送信する。防止には専用の除去ソフトやウイルス対策ソフトを使う。(共同)


(産経新聞 01.26 08:29)


人気blogランキングへ

HOME
posted by くまもと都市圏 at 09:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/12291215

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。