2006年02月07日

益城町長・川崎義秀

情報収集に努め、創意と工夫をもって懸案事項に取り組んでまいります

 輝かしい平成十八年の新春を、健やかにお迎えのことと心からお喜び申し上げます。
 旧年中は、町政のさまざまな分野にわたりまして、町民の皆様の温かいご理解とご協力をいただき、大変ありがとうございました。

 ここに新春を迎え、益城町の一層の躍進を期してまいりたいと心を新たに致しております。
 長期化する景気低迷も、中央都市では、多少上向き傾向とはいえ、県下一円まだまだ厳しい状況が続いております。

郵政民営化法案に端を発した衆議院解散、結果は皆様ご承知のとおり自民党を中心とした与党の大勝で、行財政を中心とする構造改革が一段と加速化し、市町村自治体も今後厳しい財政運営を乗り越えなければなりません。

 さて、昨年を振り返りますと、自然災害も少なく比較的安定した一年でした。しかし、災害はいつ発生するかは予測がつきません。日頃の備えを大切にしたいと存じます。

 町の事業として公共下水道事業など年次計画どおり順調に進捗致しており、また待望久しかった図書館機能を併せ持つ交流情報センターの建設も本年に着手し、さらに今年開催される熊本県民体育祭上益城大会の主会場となる総合運動公園も本年3月には完成致します。


 自然と生活の調和した、やさしい心豊かな町づくりを目指すため、福祉の充実、生活環境の整備、各道路網の整備、時代を担う人づくり、・教育振興等々やるべぎ重要課題が山積しております。

 緩やかな景気回複の兆しは感じるものの、財政状況は極めて厳しいものがありますが、雇用と財政確保に欠かせない企業の誘致で、再春館製薬所本社の移転が本町に決定し建設中であります。さらに空港近くに県有工業団地が計画され、地権者の同意も得られ、工業団地の早期着工が望まれます。

 職員一丸となって情報収集に努め、創意と工夫をもって懸案事項に取り組んでまいりますので、どうか町民皆様のご理解とご指導を心からお願い申し上げまして、年頭のご挨拶と致します。

(益城町広報誌 1月号より)


人気blogランキングへ

HOME
posted by くまもと都市圏 at 13:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

おねしょ克服・夜尿症によく効く「和漢生薬」陽光丸
Excerpt: 地元でお悩みの方へぜひお試し下さい!、おねしょ克服へのお手伝い!まずは無料お試しサンプルから!
Weblog: おねしょ・夜尿症のお手伝い大阿蘇薬品です
Tracked: 2006-02-26 22:09
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。