2006年02月15日

鳥インフルエンザ西欧拡大

鳥インフルエンザ : オーストリアでも…西欧諸国に拡大

【ウィーン会川晴之】 オーストリア健康・食品安全庁は14日、オーストリア南部で見つかった野鳥の白鳥2羽から致死性の高い鳥インフルエンザH5N1型ウイルスを検出したと発表した。

また、ドイツ消費者保護・食糧・農業省も同日、バルト海のリューゲン島で見つかった死んだ白鳥2羽から同じウイルスを検出したと発表した。

イタリアやギリシャでも先週末に白鳥6羽から同ウイルスを検出しており、昨年10月に欧州大陸に広がった鳥インフルエンザは西欧諸国にも拡大した。

 オーストリア政府は、同ウイルスを検出した白鳥が見つかった半径3キロ以内と外部間との鶏肉類の取引を30日間禁止する措置を取ったほか、同10キロ以内での鶏肉類の取引に厳しい制限を加えるなど、感染拡大防止のための対策を講じた。

 ロイター通信によると、ゼーホーファー独消費者保護相は 「家畜への感染を防ぐことが極めて重要だ」 と述べ、当初3月1日から実施予定だった鶏などの家畜の屋外飼育禁止措置を今月17日からに前倒しすることを明らかにした。

 欧州では昨年10月、ルーマニアで初めて鳥インフルエンザ感染を検出、その後もキプロス、ブルガリア、クロアチア、スロベニアなどでも相次いで見つかっている。


先週末にはイタリアのシチリア島や半島南部地域で渡り鳥の白鳥から同ウイルスが検出されたほか、ギリシャでも検出された。

(毎日新聞 02月15日10時02分)


人気blogランキングへ

HOME
posted by くまもと都市圏 at 10:28| Comment(0) | TrackBack(2) | 国際 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13308510

この記事へのトラックバック

ついに鳥インフルエンザ?
Excerpt: 鳥インフルエンザのニュースが世界を駆け巡っているので、ここハンガリーでも風説のためか鶏肉の消費量が落ちています。と言うかアヒルや七面鳥、ガチョウなどの家禽類全てですが。まあ食肉から感染された例が今ま...
Weblog: ハンガリーのブリキ箱
Tracked: 2006-02-16 06:51

インフルエンザ予防の切り札は加湿トップページ
Excerpt: インフルエンザウイルスは、高温・多湿で死滅します。部屋はしっかりと湿度を高めておくことが大事です。空気清浄機能を持った製品を選ぶものいいかもしれません。
Weblog: インフルエンザ予防の切り札は加湿
Tracked: 2006-05-30 02:11
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。