2006年02月15日

合志町長・秋吉不二雄

活力あるすばらしい自治体への第一歩

 合志市誕生の年であり、町制施行 40 周年の記念すべき平成 18 年の新春をご家族お揃いでお迎えのことと、心よりお喜び申し上げます。また・町発展のためそれぞれの立場カ'らご協力ご支援をいただき厚くお礼申し上げます。

 昨年を振り返りますと、合併に明け暮れた町の歴史を変える一年であったと感じています。

 市町村合併につきましては、これまで菊池南部四町や菊陽町、西合志町との3町の枠組みなど模索し推進してきましたが、国の三位一体改革や地方分権が進む中、町の行財政改革を進め住民サービスを維持するためには、やはり合併は避けて通れないと決断いたしました。

 住民の方々から、賛否両論いろいろな意見をいただきましたが、住民福祉の維持向上のために何が最善の方策かということを論議しながら、西合志町との合併協議を行いました。その結果、協議が整い、平成17年7月21日の総務大臣告示で 『合志市』 の誕生が正式に決まりました。

『合志市』 は、面積53.17平方キロメートル、人口約52,OOO人、人口密度の高い効率的な自治体となり、人と自然を大切にした協働によるまちづくりを基本理念に 「未来輝く産業・定住拠点都市」 を目指し、若い世代の人たちが住みたいと思うような施策に力を入れ、 「子育て支援日本一のまちづくり」 に取リ組んでいくことになります。


先人から引き継いだ歴史、伝統、文化や人材を活かしながら、合志市として、新しい歴史の第一歩を踏み出し、活力あるすばらしい自治体へと躍進し、県北の中心的役割を果たすものと確信しています。

 本年2月26日をもって、116年にわたる合志町の歴史に幕をおろすことになりますが、今後とも、なお一層のご協カをお願い申し上げます。

私にとっても、合志町長として3期12年の最後の年となりました。これまで、大過なく町政運営ができましたのも、皆さまのご支援とご協カがあったからこそです。

これまでのご厚情に感謝申し上げますとともに、皆さまのご多幸とご健勝をご祈念申し上げまして、新年のごあいさつといたします。

(合志町広報誌 1月号より)


人気blogランキングへ

HOME
posted by くまもと都市圏 at 13:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治・経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/13314882

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。