2006年03月07日

「ミュンヘン」 波紋

映画「ミュンヘンイスラエルで波紋 … 賛否分かれる

 1972年のミュンヘン五輪テロ事件とイスラエルの情報機関モサドの報復作戦を描いたスティーブン・スピルバーグ監督の映画 「ミュンヘン」 が、イスラエルで公開され、大きな論議を呼んでいる。

 テロ犠牲者の遺族は 「悲劇を伝える良作」 と歓迎する一方、当時のモサド関係者からは 「事実と違う」 などの批判が続出している。

 映画は、パレスチナ・ゲリラ 「黒い9月」 が五輪イスラエル選手団11人を殺害したのを受け、当時のゴルダ・メイア同国首相の命令で、モサドが欧州各地でゲリラ指導部を次々と暗殺した史実を基にしている。

 同事件で死亡した選手の妻で遺族会会長のイラナ・ロマノさん(60)は 「夫役の俳優が射殺される場面では、体が震えた」 と映画の感想を話し、 「あの惨劇の後、何もなかったかのようにオリンピックが行われたことが耐えられなかった。映画を機に、世界がテロの悲劇に目を向けてくれる」 と喜ぶ。

 イラナさんは当時、暗殺作戦については知らされなかったが、メイア首相から 「国家は犯人を追跡する」 との言葉をかけられ、その後、突然 「テロリストが1人殺された」 という匿名電話があったことから、作戦に気づいたという。


続きを読む
posted by くまもと都市圏 at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月10日

矢沢永吉の魅力

今だからこそ出せる色気がきっとあると思う。

日本のロックシーンの先頭を常に走り、果敢に最高の音楽を追い求める矢沢永吉。例年行われてきた武道館公演ではな<、今、矢沢は全国のライヴハウスで、ツバを吐き、熱くシャウトしている。

ファンを驚かせるため、そして自分自身のために。USENではパソコンテレビ GyaO で矢沢栄吉ライブハウスツアーのファイナルの模様を生中継。もちろん特集番組の放送や着ボイスまで。いつまでも輝き続けるロックスター矢沢永吉特集をUSEN各メディアで同時展開する。


すぐ傍で矢沢が歌っているようなサウンド。
アルバム『ONLY ONE』


「矢沢永吉とは日本のロックの1ジャンルである」といっても過言ではない。キャロルからソロデビュー以降今日まで、矢沢は常に果敢なまでにその時点における最高のサウンド・メイキングを模索しながら自身のロックを追求してきた。

今回ソロ30周年を迎え発表した29枚目のオリジナルアルバム 『ONLY ONE』 で、矢沢は前述のキャリアを自覚した上で、最大の武器である自らの“声”を前面に打ち出してきた。

「これまで僕は 『もっと革新的なアレンジは?』 とか、海外に出て 『新しい扉はどこだ?』 ってずーっとやってきた。でも5年ぐらい前から 『あれ、ちょっと待てよ?』 って感じて。なんかそういうのとは別に大事なものがあったんじゃないかなって。それがリスナーの気持ちだったんです。


続きを読む
posted by くまもと都市圏 at 17:09| Comment(0) | TrackBack(2) | エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。